千葉県印西市について
 【 千葉ニュータウンの中心地区 】

 印西市は、3市にまたがる千葉ニュータウンの総面積の7割近くを占めています。
 高層ビル群と広々とした壮大な景色と里山は、まるで日本ではないみたい。大型商業施設の進出が著しく、市内でも活発な地域です。
 東京と成田空港の中間地点となり、大きなポイントとなる地域です。
身近で見ると圧倒されます
千葉ニュータウンのマンション群
 【 江戸時代の宿場町 <木下「きおろし」> 】

 印西市の歴史はとても古く、木下を中心に街ができていきました。
 利根川水運の宿場町。「木を下ろした」といえばわかりやすいでしょうか。江戸時代の経済の中継地点で、市川市まで走る木下街道をはじめ、海浜幕張方面にも第2木下街道と呼ばれる道路があることをご存知ですか?
 古い町並みにはいまだお蔵さえも残る情緒豊かな街です。
 JR木下駅から徒歩5分で利根川の河川敷へ、近くには手賀沼を望める水と緑の豊かな街です。手賀川と弁天川に囲まれた景色は本当に癒されます。
ふとした時にお散歩してみてくださいね♪
弁天川の遊歩道
 【 利根川と印旛沼を背景とした大自然 】

 印西市は、北側に利根川(坂東太郎)が流れ、南東側には印旛沼が広がり、市内には他にもさまざまな河川を見ることができます。
 水に恵まれた印西市。水辺では白鳥も見ることができる場所もあり、市民の憩いの場になっています。
雄大な坂東太郎
利根川
 【 里山 】

 市街地をはずれると、深い緑に包まれた里山が残っています。子どもたちの探検にはぴったり、大人たちの森林浴にも、もちろん数多くの動物達の住家としても、大切に残していきたい景色です。
さてここはどこでしょう?ニュータウンの付近です☆
点在する里山の風景
 【 住環境 】

 他の街と比べると、人が住んでいる市街地と森林などの自然との分離が際立っているのが特徴です。
 全体的に、ゆとりのある住宅地が多く、道路も公園も広くて暮らしやすいです。
さまざまな形のモニュメントにも注目
印西牧の原周辺
Copyright (C) 2011-2014 NPO法人印西フィルムコミッション. All Rights Reserved. すべてのページ内の文章・画像の無断転載を禁じます