サワン賞

【趣旨】

 文化勲章受章者・作家井伏鱒二の小説「屋根の上のサワン」(昭和四年・1929年)は、印西市大森地区を舞台に描かれています。当時大森町に在住していた学生時代の(早大予科)友人椎名由己から、創作のヒントを得たのです。

【主催・後援・協賛】

 印西市
 印西市教育委員会
 印西市観光協会
 印西市商工会
 印西市国際交流協会
 印西市町内会自治会連合会
 印西市内各企業及び商店等
 (社)日本放送作家協会
 NPO法人印西フイルムコミッション

→主催は印西FC。後援は公共団体で費用負担はなし。協賛は企業、団体、商店、個人等で1口一万円。
→協賛金は全額、賞の運営・活動費・賞金等に用いる。
→協賛団体(個人含む)は印西FCHP内で公開(あいうえお順/協賛金額は非公開)
→協賛金集め、主旨説明等は役員(理事・監事)のみが、公募締切日まで行う。
→目標金額   万円
→サワン賞協賛金の専用振込口座を新設(印西FC協賛金との混乱を避けるため)
→地元の会計士に出納を依頼する(同意が得られればNPO法人の会計も兼務してもらう)

【募集内容】

 下記のテーマAとBのどちらかを400字詰め原稿用紙10枚以内(4000字)で記した小説・作文・脚本
 日本語で書かれたもの、未発表のもの、一人1本に限ります。

【テーマ】

A)印西市内が舞台となるもの

B)印西市をアピールできるもの

C)上記を踏まえ、映像化可能なもの

【応募規定】

1、該当資格
(1) 小学生部門 印西市内の小学校に通学、または通学したことがある学童。
(2) 中学生部門 印西市内の中学校に通学、または通学したことがある生徒。
(3) 高校生部門 印西市内の高等学校に通学、または通学したことがある生徒。
(4) 成人部門 印西市内に通勤通学、または通った経験を有する者。
(5) 一般部門 観光などで印西市内を訪れた経験のある者。


→小学生(20校)・中学生(9校)・高校生(1校)は学校単位で募集
→在校生の直接応募は認めない
→各校の担当教員が応募作の中から5本を選出する(実質一次審査/最大30本選出)
→審査料として応募各校に1万円分の図書券、或いは文具券などを支払う(予算30万円)
→通学経験生徒並びに成人、一般部門は、印西FC本部(郵送)と専任事務員メールで受け付ける
→電話での問い合わせは受け付けない
→以下の技能を有する専任事務員を雇用し、必要経費と報酬を支払う(予算:経費総額10万円/報酬月額5万円)
→専任事務員の必要技能と作業
  ・応募作品のナンバーリングと管理(経費予算5千円)
  ・規定書式の確認と内容チェック、規定外作品についての審査委員会への報告
  ・メール応募の受信と必要本数の印刷並びに各審査員への郵送手続き等(本部所有印刷機の貸出可)
  ・審査経過を印西FCHP内で公開する作業
  ・その他事務作業
→審査委員会を組織し、市内在住者より審査員を公募する
→印西FC理事会の承認を経て審査員を選出する
→公募審査員は登録制とし、応募総数に合わせて採用する
→公募審査員は通学経験生徒並びに成人、一般部門の応募作の審査を担当する
→1本を2名が最低10本担当し、投票上位20本を選出する
→公募審査員には審査料として1本につき1千円を支払う(予算上限100万円/応募総数500本と仮定)
→学校部門30本と公募審査会選出の作品20本を(社)日本放送作家協会に審査委託し、上位各3本、計15本を選ぶ
→主催・後援・協賛の代表者による最終審査会において最優秀賞等を選出する
→最終審査会への審査料等は支払わない

【公募日】

 平成  年(20  年)4月1日( )

【締切日】

 平成  年(20  年)9月30日( )
 当日消印有効。メールの場合は、当日送信有効。

【応募方法】

ア)手書きの場合
 市販の原稿用紙(A4縦書。400字詰)に濃い筆記用具で記してください。

イ)パソコン・ワープロの場合
 A4用紙に縦書、20字×20行で記してください。
 作品は、1行目に「題名」、2行目から「本文」を書き出し、氏名などは記入しないでください。
 原稿はクリップでまとめ、ホチキスなどでは綴じないでください。

応募は1人1点に限ります。
作品に応募用紙(こちらからダウンロード)を添え、下記応募先まで郵送してください。
メールでの応募の場合は、件名を「サワン賞応募作品」とし、応募用紙を添付して 下のアドレスまで送信してください。

※作品のファイル形式は、ワード・テキストに限ります。

※画像の添付や原稿への挿入は、その作品に関連する印西市内の風景にしてください。

※上記の条件を満たさない場合は、審査対象から外れる場合があります。

【賞】

小学生・中学生部門 高校・成人・一般部門
 最優秀賞 1点 賞状・賞品・副賞(10万円)
 優秀賞 1点 賞状・賞品・副賞(5万円)
 入 選 若干名 賞状・賞品・副賞(図書カード5千円分)
 佳 作 若干名 賞状・賞品

※応募作品数により賞の内容や数を変更する場合があります。


→副賞として各協賛団体提供の、受賞者にとって有益で、或いは企業イメージアップ等に繋がるユニークな品を求める
→例:「ランドローム賞」「カスミ賞」「ジョイフル賞」では商品券。飲食店では「ラーメン10杯」「ボトル1本」(成人部門対象)等
→その他「野菜・草花の苗100本」(個人や学校へ)「お米30キロ」(当日持ち帰れない場合は辞退するように事前に告知)
→作品内容に合わせた「一日店長」「一日支配人」「一日業務視察」券等

【審査員】

 【最終審査】
 各部門3本選出された中から各団体代表協議により賞を選出

 【最終審査員】
 印西市代表
 印西市観光協会代表
 印西市国際交流協会代表
 印西市町内会自治会連合会代表
 商店等印西市商工会代表
 印西市内各企業代表
 印西フイルムコミッション代表


 ・受賞作品の著作権はNPO法人印西フイルムkpミッションに帰属するものとし、応募作品の返却はいたしません。
 
・選考に関するお問い合わせには応じませんのでご了承下さい。
 ・受賞作品は、印西フイルムコミッションのホームページ(http://inzaifc.com/)内での作品集に掲載する予定です。

【発表】

平成  年(201 )(予定) 

 受賞者に直接通知し、印西FCHP内で公開します。

【表彰式】

平成(予定) 
 
 印西市文化ホール

【タイムスケジュール】




【予算概要】




NPO法人 印西フィルムコミッション
〒270-1337 千葉県印西市草深205
電話 080(2333)1594

ホームページ http://inzaifc.com  
お問い合わせメール info@inzaifc.com
Copyright (C) 2011-2014 NPO法人印西フィルムコミッション. All Rights Reserved. すべてのページ内の文章・画像の無断転載を禁じます